韓国問題

政治や経済の活動に法的トラブルは付き物

政治や経済の活動に法的トラブルは付き物

元在特会の人物が朝鮮学校の近くで街宣を行い、例の「人権ガー」「差別ダー」の問題に発展し、裁判になっていたことは皆さんもご存知かと思います。マスコミは出来事の一部しか報道していませんが、この問題は朝鮮学校の土地不法占拠など、一筋縄ではいかない複雑な出来事なのです。「人権」や「差別」の二文字で何でも片付くなんておかしいですね。

それと政治活動をしていると必ずと言っていいほど法的なトラブルが発生します。これは経済活動においてもそうですね。何でもそうですが、活躍してくるとそれが気に食わない人たちが出てくるものなのです。何かにつけて言いがかりを付け活動を妨害しようとしてくるのです。しかしこれを避けることは出来ないでしょうね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。