その他

【導入拡大】新型コロナでテレワークか?

新型コロナでテレワークか?

新型肺炎拡大でテレワークを導入する動きが加速しています。

テレワークのメリット
  • 通勤電車や渋滞がなく出勤前のストレスが無くなる。
  • 通勤時間が0になり睡眠が多く取れる。
  • 複雑な人間関係などのストレスから解放される。
  • 人混みがさけられるのでウイルス感染のリスクが少なくなる。

テレワークは面倒な通勤がなく、新型コロナに感染するリスクも低いのでメリットも多いと思います。近くにパワハラ上司やトラブルメーカーの同僚もいないので、仕事がやり易いという事は言うまでもないと思います。 なので、政府やIT企業が積極的に進める動きがあるようです。

一方でデメリットも

テレワークのデメリット
  • スケジュールを自分で管理しないといけない。
  • 指導してくれる人が近くにいない上、仕事の流れ全体が把握しにくいので新入社員などはやり難い。スキルの高い社員に限られる。
  • 郵便物の仕分けや高度な専門機器など会社に置く必要があるものは取り扱えない。
  • 家の中に業務を妨害する人物(そのような親や子供や配偶者など)がいる場合、やり難くなる。

上記の事からテレワークができるのは、スキルが高い社員に限定されそうですね。その上、専門的な機器を使う必要のない業務に限られそうです。それに、家の中にトラブルメーカー(業務を妨害する親や子供や配偶者など)がいる場合はやめた方が良いです。

これからの働き方を解説した本です。こんな働き方はいかがでしょうか?

管理ゼロで成果はあがる ~「見直す・なくす・やめる」で組織を変えよう

「上司なし・決裁なし」
「経費は承認なく使える」
「休暇は取り放題」
「給与は一律、賞与は山分け、評価制度なし」
「売上目標やノルマはなし」
「働く時間も場所も縛りなし」
「副業OK」

最高に自由に働いて成果を出し続ける会社の実体験に基づくメソッドや考え方を
「生産的に働く」「自律的に働く」「独創的に働く」の3つのステップに体系化。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。