心の問題

竹島の日まであと1か月!ストレス対策を

竹島の日まであと1か月!ストレス対策を

竹島の日まであと1か月となりました。この時期は韓国の挑発も激しくなり、日本国内でも抗議街宣やデモなども多くなります。どうしても攻撃的な言葉を使ったりすることが多くなると思います。韓国の異常反日に対して声をあげたいという気持ちはわかるのですが、トラブルを起こし普段の勤務などに影響が出たら元も子もなくなってしまいます。

過去にも竹島の日前後では激しい衝突が繰り返されてきました。韓国の竹島挑発挑発は終わることがなく、竹島の日当日には妨害者が多数入国してきます。その上日本政府は対策を取りません。ネット上では韓国や日本政府の対応への嵐です。これでは、ストレスはMAX状態になってしまっても仕方がありませんね。

具体的なストレス対策は

  1. デモや街宣や情報発信の時以外は韓国の事を忘れる
  2. 他の親日的な国の事を考えてみる
  3. 専門機関に相談する

は私もよくやっています。職場などでは韓国の事は話さないようにしています。職場の雰囲気も悪くなるし、左派系のサイコパスなどから嫌がらせを受ける可能性もあるからです。さらに、韓国と縁が切れると幸せになるという事と、仕事をこなすという事は全く別問題です。日本にはヒュンダイなどの製品は少ないのでこのやり方はやり易いと思います。

世界は広いです。韓国や北朝鮮だけが外国ではありません。東南アジアや台湾など親日的な国だってある訳です。テレビや新聞は韓国や北朝鮮のような反日国家ばかりを取り上げていますが、ネットでは親日的な国の情報も沢山出てきます。2月22日が終わったらそのような国に出かけてもいいかもしれません。

 どうしてもというのなら近くにいる専門機関に相談しましょう。厚生労働省関連である「こころの耳」のリンクを張っておきます。

https://kokoro.mhlw.go.jp/agency/

おすすめの書籍

私もこの本は読みました。アメリカ海軍の特殊部隊に所属していた方が書かれた物を和訳したものです。いかにストレスに対処し、結果を出すという事においては最適な内容だと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。