時事問題

終身雇用の時代終わる

終身雇用の時代終わる

トヨタ自動車や本田技研工業をはじめ、日本の大手企業が中途採用を大幅に増やすようです。日本の発展を支えていた雇用形態である年功序列型が崩壊した証拠でもあるかもしれませんね。

良いのか悪いのか、60代でも70代でもバリバリに働ける人が多くなり、若年層が入りにくい環境になっていることもあるかもしれませんね。それに加えて激しい国際競争の中で、海外の企業が日本の優秀な若い人材を取ってしまっているという事も要因なのではないでしょうか?いわゆる「みんな儲かった」時代が終わり、一部の人物が爆発的に儲ける「格差社会」の時代が幕開けしたと言えますね。現に生活保護者や低所得層が増える中、月に何千万も稼ぐ人物も沢山出てきています。本当に格差社会ですね。

現にこの活動をしていると、かつて好景気のおいしい汁を吸って生きてきた世代の多くが韓国などに大金を流し、日本国内にそれほど投資しなかったという問題もあるかもしれませんね。現に慰安婦合意などで簡単に10億円もの大金が出てきたのは驚きました。でもこれからは、そんな大金が直ぐに出てくるという事は無くなるでしょうね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。