竹島・島根県内

島根県に韓国便に対するクレームが寄せられる

少しびっくりしていますが、島根県のサイトにて韓国チャーター便のクレームがずらりと並んでいました。それも多くが、竹島の日を主催している島根県になぜ韓国からのチャーター便が必要なのか?というものです。それも韓国に対して甘い顔をするのはどうか?というものもありました。このような意見が県のサイトに載せられるとは、時代が変わったのかもしれないですね。前もあったかもしれませんが、韓国を非難するようなや内容の物が載ることはありませんでした。増してや、京都や北海道同様の左寄りの県での話です。

参照:島根県のサイト(知事への意見)https://www.pref.shimane.lg.jp/admin/seisaku/koho/teian/record/2019/201907/A2019-00078_80.html

回答では相変わらず、「領土問題などの政治問題と民間の交流は切り離す」となっています。韓国に対する意見では、全国どの自治体も同じような回答をすると思います。これは都合の悪い事と良い事を切り離して考えるという事ですね。極端な言い方をすると「労働するという事と給料をもらう事を切り離して考える」というようなものかと思います。労働と給与は絶対的に切り離せないように、政治無くして民間交流をするという事はあり得ないのです。労働をせずに給料をくれなんていう虫のいい話はありませんよね。これとまったく同じことを日本の自治体は言っている訳です。

それと、島根だけでなく日韓関係の悪化?(本当にしているのかな?)で自治体の交流にも影響が出ていると言われています。この際、交流中止とはせずに「提携解消」とするべきだと思います。全国各地に韓国自治体と姉妹提携もしくは友好提携しているところはありますが、なんでそんなことをする必要があるのか?疑問で仕方がありません。

韓国の姉妹都市、訪問中止 記念式典取りやめ 旭川市
https://www.sankei.com/life/news/190719/lif1907190005-n1.html

アンケートにご協力下さい。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。