時事問題

日本の司法は腐敗している。

日本の司法は腐敗している。

先日、レバノンに逃亡したカルロス・ゴーン氏が「「日本の司法は北朝鮮、旧ソ、中国並だ」とコメントしました。これだけは確かだと思います。大金に物を言わせてまで日本から逃亡した理由が、「司法の腐敗」だとすると納得できるのではないでしょうか?ゴーンが逃亡したことを肯定するつもりはありませんが、彼のコメントだけは納得できるものでした。

現実、在日特権の問題や朝鮮学校裁判の過程などから「日本の司法はどこかおかしいな」と思っていました。在日特権も特定の在日外国人を優遇する法制度はおかしいということで発生した問題なので、司法の問題も出てくると思います。実際、朝鮮学校に税金が不正に使われていた件があったことは皆さんも保守系の動画やサイトでご存知かと思います。

朝鮮学校裁判も朝鮮学校の主張だけがほとんど通り、抗議した市民側の意見はほとんど通りませんでした。本来、市の敷地を一方的に占拠した朝鮮学校にも問題がありますが、そこは触れられることはほとんどありませんでしたよね。

それ以外にも、特定の外国人や権力者に有利な判決が出ることも珍しくありませんよね。ですので、「正義を否定する点で(旧ソ連や中国や北朝鮮と)同等だ」と言われても仕方がないと思います。

司法の腐敗について書かれた本があります。

【要注意】「人権」と「差別」を政治利用する人たち何かについて「人権ガー」と「差別ダー」と騒ぎ立てる人はいますのよね。会社などのクレーム客にもよく見られます。「人権」や「差別」を盾に自分たちの主張を飲ませようとするなんてずるいなと思われる方も多いのではないでしょうか?...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。