時事問題

【なぜ?】夜の街で感染拡大

私自身も歌舞伎町に行ったことがあります。そこでは朝鮮式のマナーで接客する店も多くありました。韓国産のアルコール度の高い酒なども多く取り扱っています。

風俗業などは学歴や職歴や国籍も不問であることが多いです。本当に「差別のない世界」です。ですから非常に門が広いです。不法滞在中の外国人や犯歴のある人たちもいることがあります。入った後は大変厳しいので本当に実力だけの社会と言えます。

夜の街で感染拡大

このようなところで働くとなると昼と夜は完全に逆転してしまいます。そのため体調管理などは困難を極めます。

きちんとした食生活など、規則正しい生活を送れていない人たちも多いです。なのでウイルスや細菌に対し「免疫力」が低下しているホストなどもいる訳です。そこに新型コロナのような強力なウイルスが襲い掛かると、あっという間に感染してしまいます。そして、「クラスター」が発生するわけです。

それに「差別のない」多国籍なところなので、世界中から細菌やウイルスが集まるところでもあります。未知なる外国の細菌やウイルスに感染するリスクもある訳ですね。

1 夜の街はウイルスや細菌に対し「免疫力」が低下している人が多い

2 夜の街は多国籍のため、世界中から細菌やウイルスが持ち込まれている可能性が大

夜の街は劣悪な労働環境から「感染拡大」のリスクがあることを理解しておきましょう。夜の街の危険は「ヤクザ」や「反日外国人」だけではないです。「ウイルス」も危険の一つです。

「夜の街」が感染拡大しやすいのは確かだと思う。なぜなら、「差別のない世界」だからです。

もちろん、きちんとした店もあるので楽しむだけなら良いと思います。それでも、今は夜の街に出かけるのは控えましょう!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。