心の問題

【本当は教えたくない!】苦手な人との付き合い方

苦手な人

【本当は教えたくない!】苦手な人との付き合い方

仕事や学校や社会活動においてどうしても苦手な人が出てくることは仕方がない事です。ただ気が合わないだけならいいですけど、誹謗中傷を繰り返し、自分が持っている物を奪おうとする人物もいます。

上記の本に載っていましたが、あなたが苦手な人から攻撃されるのには理由があります。それは、あなたが「弱いと思われている」か「有害だと思われているか」になります。

いずれにせよ、攻撃されたから攻撃でやり返したりするような事はしないでくださいね。くれぐれも大切なのは「平和」です。

人間関係においてやられたらやり返すことはしない。大切なのは「平和」です。

【メンタル大丈夫?】精神的な悪循環について不安やストレスが更に不安やストレスを呼ぶ悪循環に陥ってしまう例は多いと思います。それが原因でうつ病などの精神病を患う事も少なくありません。...

【実は損している】「怒り」はエネルギーの無駄使い怒り散らかすことはエネルギーの無駄使いです。私自身も過去に必要以上に腹を立てて怒り散らかしたことがありましたが、結局損をしました。...

「平和」が一番

相手の言う事を真に受けず、冷たい威圧感を出しましょう。そして、接触機会を極力減らしてください。

苦手な相手がいても「平和」は守りましょう。

相手のいう事を真に受けず、冷たい威圧感を出し、接触機会を極力減らします。

あの国の様な人たち

身の回りに韓国の様な人はいませんか?誹謗中傷を繰り返してきて、他人の物を奪い続ける人たちです。韓国の異常な行動に腹を立てる日本人が多いという事は言うまでもないと思います。これは人間関係でも言えることですよね。

日本人の多くが韓国に腹を立てるのなら、日本人の多くは韓国の様な人物に腹が立つという事になるでしょう。

身の回りに韓国みたいな人間はいないだろうか?

私の知っている人物に親切にしたり謙虚に振舞ったりすると付け上がるタイプがいます。

人の物を我が物顔で使い、他者に対して難癖ばかりつける。本当に韓国みたいな人だなと思って困っています。もちろん、そういうのを余計に付け上がらせたりする日本のようなタイプの人物にも困っています。

いずれにせよ、保守活動をやってよかったなと思うのは、「このような人物への対応が上手くなったな」という事ですね。

私のアメブロより(一部訂正)

上記は以前アメブロに載せた記事です。

私自身も韓国の様な人物に多数で会いました。もちろん、全て苦手意識がありましたが、彼らの言う事を「真に受けない事」と「深く関わらない事」を徹底的にやっていきました。結果、うつ病になることなく今日まで過ごす事が出来ました。

日韓関係を学ぶことは、韓国の様な人たちとの関わり方を考えるきっかけになる。

朝鮮半島との問題を詳しく知るなら下記の本は必須です。この本を読んで苦手な国との付き合い方を勉強するのも良いかもしれません。それで、人間関係に応用するとなお更良いです。

朝鮮半島はなぜいつも地獄が繰り返されるのか: 中国人ですら韓民族に関わりたくない本当の理由

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。