メディア

マスコミの印象操作

マスコミの印象操作

慰安婦強制連行説の発端は朝日新聞によるねつ造記事であることは皆さんもご存知かと思います。当時は韓国との関係を重視する風潮があり、その時代の波に乗るような形でこのような記事が出されました。

これは朝日新聞に限りませんが、韓国は「きれいな国」という印象操作を盛んに行う様になりました。韓流ドラマや韓国の音楽を流しまくり、あたかも楽園であるかのような印象を受けていたと思います。これこそマスコミによる悪質な印象操作ですね。それとは対極的に日本は強制連行しただの謝罪も賠償もしていない「乱暴で冷淡」な国だと印象付けられました。

日本の方が植民地だったのでは?

当時は、マスコミの影響が大きく学校でもテレビや新聞をできるだけ見るように教員から教え込まれていました。それに、中国や韓国を否定するような発言は成績を下げる対象になりますから、今のように自由に口に出すことは出来ません。今考えてみると、日本は韓国の植民地であるかのような印象すら受けてしまいます。

私自身もこのような印象操作に引っかかり、自虐思想に走ってしまった過去を持っています。中国や韓国にたして低い姿勢を取らないといけないのかなと思ってしまいました。しかし、ネットの普及とともに今までと違う見方もできるようになると、そのような偏った見方をしなくなりました。

こんなツイートをしました。

おすすめの書籍

朝日新聞への論理的弔辞 - 西村幸祐メディア評論集 - (ワニプラス)

https://amzn.to/2O9DuF1

内容紹介
朝日新聞は、なぜ、そこまで日本を憎んできたのか。
メディア論の第一人者が満を持して放つ評論集。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。