時事問題

国会で趣旨とは関係のない質問 まるで小学校

国会で趣旨とは関係のない質問 まるで小学校

辻元議員が国会で「タイは頭から腐る」などと趣旨とは全く関係のない質問したようです。 「桜を見る会」や森友、加計学園問題などで日本野党特有の「何でも政権批判」展開中の一言です。 結局、「醜い言い争い」に発展した模様です。

本当に小学生のケンカの様な場面ですね。小学校で行われている学級会じゃないのいう人もいました。

政府の新型肺炎対策は十分ではない

今、世界中が新型肺炎の対策に追われています。日本以外の国々は中国との出入国を大幅に制限しています。 なのに日本政府はそのような対策を取っていません。中国寄りの政治家や経済界のご老人たちが許さないのでしょうね。さらに、日本との出入国を制限する国まで出てきました。

ですので、国会では十分に議論すらされていません。政府を頼るのではなく自分自身で手洗いやうがいなど、感染対策をしていくしかないようです。

政治家はあなたを救いません

政治家はあなたを救いません。政府は中韓との関係を重視ししていて、国民の生命が脅かされる自体であっても十分な対策を取ろうとしない事からも分かったと思います。医療の問題にしても生活保護の問題にしてもそれが言えると思います。竹島問題においても、竹島を不法占拠されただけではなく、日本海周辺の漁場が韓国や北朝鮮に荒らされる中、韓国の機嫌取りに必死な政治家たちは問題を解決しようとしません。それどころか必死に韓国に抗議する人を迷惑者扱いしているように思えるくらいです。

政治家は上手い事(いわゆるきれいごと)を並べていますが、ほとんど何もしてくれません。今後は極力政治家を頼るのはやめた方が良いでしょう。もし時代を変えたいなら自分で交渉したり署名活動を開始したりするなどしましょう。

これからは自分自身が行動して社会を変える時代です。

新たな黄金時代―腐敗政治と経済混乱が新時代の革命を生む

著者略歴
バトラ,ラビ
経済学者。1943年インド生まれ。デリー大学卒業後、渡米し、米国サザン・イリノイ大学で博士号を取得。「イラン・イラク戦争の勃発」「ソ連解体」「日本のバブル崩壊」など世界情勢に関する予測を次々と的中させ、世界的に高い評価を受けている。現在、サザン・メソジスト大学教授

他人に期待しない事が大切

政治家だけでなく他人に期待しない事が大切です。ぜひ下記の動画をご覧ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。