時事問題

信じられない教職員同士のいじめ

信じられない教職員同士のいじめ

学校でのトラブルは前からですが、教職員同士の大きなトラブル(ニュースにまでなる物)は聞いたことがありません。神戸市の小学校で教員同士のいじめが大胆に報道されています。内容も暴言や暴力行為やセクハラなどなど、複数あり一体何が起きたのかを把握するのも困難です。

確かに学校では、誰がいじめの加害者になっても被害者になってもおかしくない時代です。学校はまだ成熟していない子供たちが集まるところであるためにトラブルが起きやすいのです。そのために、いじめの保険(参照)のような物まで出来ました。中には学校に専属の弁護士を置いてはどうかという意見すらあるくらいです。

しかし、これらは児童・生徒に対するものであって、先生の方を対象としたものではありません。本来、いじめを指導しないといけないはずの先生がこれであっては、学校内のトラブルは解決できないでしょうね。私自身も教職員のトラブル解決能力の低さに呆れかえることも多かったです。正直、教職員の対応で、益々いじめが酷くなることもあります。

教職員は学校の成績がちょっと良かったという人であれば誰でもなれる職業です。ですので、勉強以外に頼ることの出来ない人たちだという事は前々から思っていました。この活動をしていると日教組などの問題に触れることがあります。学校で起きているいじめや不登校は、児童や生徒よりも先生の方に原因があるんじゃないかなと思うようになりました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。