心の問題

【心配】コロナでメンタルを壊す人が続出するのか?

不安2

コロナでメンタルを壊す人が続出するのか?

新型コロナ感染拡大問題の長期化で仕事を失ったり、大幅な減給になったりする人も出てきているようです。それだけでは無くメンタルを壊す人が続出するという事も聞かれるようになりました。実際に「コロナうつ」などになっている人もいるのではないでしょうか?

YouTubeでは一部の精神科医などがコロナで精神疾患者が増えると予想し、対策を公開しているものもあります。(参照

新型コロナの自粛により外出が出来なくなったり、娯楽施設に行けなったりし、不満ばかりが溜まるという人もいるのではないかと思います。

うつ病
【新型コロナより危険】コロナ不安でうつ病が増加する。新型コロナ自体より、それによる社会不安の方が脅威であると考えているのは私だけでしょうか?欧米や韓国などでは、経済的な影響も出始めていると言われています。国内でも内定取り消しや職を失う人も出始めました。こうなると、社会不安によりうつ病になる人が増加しそうですね。...

ここでお話しした通り、コロナ自体よりもコロナショックなどで精神疾患にかかってしまう危険性の方がずっと高い私は考えています。

メンタルの事を考えるなら、メンタルの強い人から教わることをおすすめします。この本は全米1000万人が読んだと言われるメンタルに関する本です。新型コロナによる精神疾患対策にピッタリだと思います。

blankblank

メンタルが強い人がやめた13の習慣 (講談社+α新書) (日本語) 新書

実際に新型コロナに感染する人は1億3000万人のうちの数万人か数千人ですが。しかし、コロナショック前の段階でも精神疾患になる人は何十万人もしくは何百万人という数です。(参照1)(参照2)これが、コロナショックでさらに増加するとなると、あなたも他人ごとではありません。

新型コロナ自体より、それに伴う社会不安により精神疾患にかかる方が脅威である。

コロナの感染対策も重要だが、メンタル対策もしっかりするべきである。

今はコロナショックが終息するのを待つのが一番

今、利益をコロナショック以前と比べて上げれる人は、マスクの製作所に勤務する人など極一部です。世界中のほとんどの人が働いても大して利益を得られない状況なのです。なので、こんなの時に無理して働いてもあまりメリットはありません。

仮に、仕事を失い転職先を探すとしても、今は企業面接どころか転職希望の会社が営業していないことだってあるのです。なので、今は焦らずにコロナショックが終息するのを待つのが一番なのです。もう少しすると政府が支援金を出すと言っています。

今は動かず、じっとこらえましょう。

コロナショックで収入が途絶えても今は動かない事が一番。コロナショックが終息するのをじっと待ちましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。