学校関係

【社会問題】発達障害児支援どころではない/教員 過労死ライン問題

発達障害児支援どころではない/教員 過労死ライン問題

教員の過剰労働が前から問題になっています。

文部科学省「教員勤務実態調査」(2016年実施)によると小学校教諭の33.4%、中学校教諭の57.7%が週60時間以上勤務をしている模様です。月80時間以上の時間外労働をしており、これは過労死リスクが非常に高いと言えます。

これでは発達障害支援を含め、教員生活全般に支障をきたすと思います。働きすぎて睡眠時間が削れ、授業などのクオリティが低下してしまうという事も考えられると思います。

教員生活の過酷さについて書かれた本がありました。

このような事態なら発達障害支援どころではないでしょうね。完全なブラック労働です。子供たちは「ブラック企業の従業員」に指導を受けて育つわけです。それがよく分かるのではないでしょうか?

blankblank

マンガ 中学教員日記 今日も働き放題

教員みたいになりたくなかった。

私自身、小中校と教員は単に「教科を解説している人」としか思ったことがありませんでした。

もちろん、彼らのほとんどは好きではなかったし、あのような職業に就きたいとは全く思いませんでした。

保護者からのクレーム対応や能力格差の大きいクラス運営や夜遅くまでのブラック労働などです。教員に対して小中高と何の魅力にも思いませんでした。

要はブラック企業の従業員に指導を受けていたようなものなのです。

私自身、将来は「絶対にあんな風にならない」と心の奥底で決めていました。その願いだけは叶いましたので少しうれしいです。(笑)

正直、発達障害問題に教員不要

視覚障害や聴覚障害や肢体不自由のような身体障害の場合は教員を含め学校側の適切なサポートが必要な場合もあります。

しかし発達障害の場合、教員は深く関わるべきではないと思っています。

目に見えない問題である上に、どこに問題があるのかもなかなか見極めにくいからです。専門的な知識のない教員が、下手に触り状態をより悪化させる可能性すらあります。

発達障害の支援は難易度が高く重労働になるためブラック環境になりやすいです。

いくら一生懸命でも当事者には伝わらない。

少し残酷な話ですが、いくら教員が一生懸命支援しようとしても相手には伝わらない事が多いです。或いは、伝わっているけど相手が求めているものと大きく異なることが多いです。

その上、発達障害の支援は難易度が高く重労働になるためブラック環境になりやすいです。

何とかしたいという気持ちも分からなくは無いですが、1人の教員ができることなど限られています。仕方がない事なのかもしれません。

出来るだけ学校の外の専門家に力を借りてみませんか?発達障害に詳しい福祉や医療の専門家は沢山います。最近は、他の子供やその保護者とトラブルになりやすいという事で弁護士が出てくることもあります。

私自身の経験上、教員と接する機会が少ない方が精神的にも楽です。これを言うと腹が立つ先生方も多いかもしれませんね。でも、熱血過ぎる先生は発達障害支援に向いていません。出来るだけ、感情に走らず例背に物事をとらえて行動してくださいね。

教職の皆さんへ

発達障害支援に夢中になり、成果も出せずに過労で倒れてしまうような教員人生にならないようにしてくださいね。

【改善必須】睡眠の必要性/社会や学校のトラブル半分が無くなる発達障害者の大半に睡眠障害もしくはその傾向があるといわれています。 確かに、発達障害の症状そのものが何らかのトラブルを起こすことはいうまでもないです。しかし、睡眠不足が絡んでいる事が多く見られるのです。...

【国際文化観光都市で最高の時間を】歴史と文化が融合した街「松江」

松江城
竹島資料室

あなたも国際文化観光都市で最高のひと時を過ごしてみませんか?

国宝松江城と国の有形文化財に指定されている竹島資料室をはじめ、沢山の歴史的建造物と感動に出会えるでしょう!確かに島根県ですので経済や都市機能は乏しいかもしれませんが、それ以上の魅力が無数にあります。