韓国問題

韓国の経済界が日韓関係改善を望んでいる

韓国の経済界が日韓関係改善を望んでいる

非常に迷惑な話ですね。韓国の経済界が「業績悪化」の為に日韓関係の改善を求めているようです。要は「業績が悪化したから日本のみなさんお金を出してください」という事ですね。

日本の経済系新聞社と中韓の経済系新聞社がそれぞれの国にいる経営者たちにアンケートを実施したところ。今年の日韓関係について「改善する」との答えが韓国で7割に達しているという事が分わかりました。この新聞によると業績が悪化している韓国企業の多くが関係改善を期待しているとの事でした。

第一、政治にせよ企業にせよ韓国への投資は損するばかりです。金と技術ばかりを取られ日本にとって何もいい事はありません。現に政治では慰安婦合意などで大金を韓国に渡しましたが、全く日本にはメリットはありませんでした。企業においても韓国で一方的に商売する例はありましたが、韓国とまともに取引をして成功した企業を1社も知りません。もちろん一時的に利益を得る企業はあったかもしれませんが、長期で考えるとほとんどの企業が損をしています。

近年の韓国投資し損した主な例

● 新潟県が韓国の造船企業に発注したところ、契約したスペックなどを大幅に下回る船を納品してきた。結局、返金などには応じてもらえなかった。

● 日韓合意で10億円払うも、世界各地の慰安婦像は増え続け、謝罪と賠償を求め続ける状況は変わっていない。

● 島根県が韓国便を誘致する事に成功し、観光キャンペーンを実施したが、例の「日韓関係悪化」で1か月程度しか就航されず結局中止になった。

アンケート

おすすめ書籍

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。