差別・人権問題

「人権」と「差別」を政治利用する人たち

「人権」と「差別」を政治利用する人たち

何かについて「人権ガー」と「差別ダー」と騒ぎ立てる人はいますのよね。会社などのクレーム客にもよく見られます。「人権」や「差別」を盾に自分たちの主張を飲ませようとするなんてずるいなと思われる方も多いのではないでしょうか?現実、左派系の雑誌では例外なくこの言葉を見かけます。そして、その「差別被害者」とされる人たちを盾にして自分たちの政治主張を繰り返す訳です。

朝鮮問題の政治利用は左派の典型的な手口

朝鮮学校の問題というと例外なく左派が出ていきます。左派系において朝鮮学校の無償化に反対しているところは、全くと言っていいほど無いです。それだけ朝鮮半島との結びつきが強いという証拠でもあるかと思います。いくら左派とはいえ、自国の事をあれだけ誹謗中傷する両国です。それに対して異常なまでに接近したがるのか?不思議ですよね。

左派の非現実的な主張

しかも左派の主張は、韓国や北朝鮮の主張を少し歪曲したものも多いです。竹島問題に関しても日本の領土としているところが多いですが、韓国に土下座して取り返す方法、つまり「謝罪と賠償」とたっぷりしてから返してもらうなんて言う主張もありました。そんなこと韓国が許す訳がないですよね。

朝鮮学校無償化除外は適法 – きょくじつさん https://kyokujitsu256.com/chousengakko/

日本と韓国・北朝鮮は「そりが合わない国同士」です。将来も対立し続ける事に変わりは無いでしょうね。仮に韓国や北朝鮮が崩壊したとしても、別のそりの合わない国が誕生するだけで、この状態に変わりはありません。それに加え、昔から朝鮮半島は様々な国の思惑が交差するところで、たびたび揉め事が起きてきたところです。ですので、朝鮮半島に関わると何らかの揉め事に巻き込まれる可能性は大だという事です。

おそらく、左派はその朝鮮半島の性質つまり「反日」かつ「揉め事になりやすい」性質を利用して政治活動をしているのだと思います。よく言われますが、韓国も北朝鮮も中国も反日日本人がダシに使っているだけであると。

アンケートにご協力下さい。

やっぱりこんな事だろうなと思っていました。みんなお金で動いていたんですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。