心の問題

【嘘つき同士の争い激化】自称慰安婦組織が崩壊寸前

「嘘つき同士の争い激化」自称慰安婦組織が崩壊寸前

韓国で自称慰安婦組織の内紛が激化しています。元代表が自称慰安婦に訴えられる事から始まりましたが、それが様々なところに飛び火している模様です。自称慰安婦たちが暮らす施設の所長が自殺する事態にまで発展しました。

組織の親族なども関係しており、さらに問題は複雑化する模様です。「聞いてない」「知らなかった」など朝鮮半島特有の言い回しで真実は明らかになりそうもありません。

日本はどう対応する?

日本はこの問題に関わらないのが一番だと思います。間違えても、韓国にお金を送るような事はしない方が良いでしょうね。責任を日本に転嫁されるだけですので、メリットはありません。自称慰安婦問題だけではないですが、韓国とは関わらない事が一番です。

嘘が嘘を呼ぶシステム

元々「従軍慰安婦」と言うのは小説に書かれていたものです。それを朝日新聞が「事実」と報道したことが始まりですよね。これはみなさもご存知だと思います。

ここまでなら「単なるねつ造報道」ですが、日本国内の反日勢力や韓国政府が加わりました。これにより、問題は複雑化します。国内の反日勢力と韓国政府と言うと「息を吐くように嘘をつく」と言っても過言ではない人たちがほとんどですね。正に「一つの嘘」に「嘘つき」が集まってきた例ですね。

こうして単なる「ねつ造小説」が世界中に「真実」として広がってしまった訳です。「嘘」が別の「嘘つき」を呼ぶシステムにより、どんどん広がりました。そして、世界中に広がっていったわけですね。

今回の場合、引き寄せた嘘つき同士が対立してしまった訳ですね。

もちろん「嘘が嘘を呼ぶシステム」は自称慰安婦問題だけではありません。一般の日本社会でもあることです。

【フジテレビ出演のプロレスラー】木村花さん死亡プロレスラーの木村花さんが死亡した模様です。将来を期待されていたプロレスラーです。残念であるというコメントが各界から多く寄せられました。SNSの誹謗中傷が原因で自殺したのではないかとされています。「ヒールレスラー」なので誹謗中傷は多くなるのは仕方がない部分もありました。しかし、書き込みをみたことがありますが、少しやりすぎなのでは?と思ったこともあります。...

嘘が大きくなり事件にまで発展した例も多くあります。

今、おきている慰安婦騒動は韓国のことです。それでも「被害者のふりをして人からお金をだまし取ろう」とする人は韓国以外にも沢山います。さらにその人物の周りにも別の詐欺師がいる事も高確率であります。気を付けましょう!

嘘が嘘を呼ぶシステムが存在する。つまり、「一つの嘘」が「別の嘘をつく人間」を呼んでしまう訳である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。