差別・人権問題

愛知の慰安婦像アート展 中止に

愛知の慰安婦像アート展 中止に

愛知県で行われているアート展「表現の不自由展・その後」 は苦情が殺到したため、中止になったようです。慰安婦像をはじめ、昭和天皇を冒涜する物やアメリカを侮辱する物や安倍首相を非難する物などがありました。「いくら反日極左でもこれはやりすぎだろう」と思ってしまうような作品がずらりと並んでしました。こうれは苦情が殺到するだろうなと思いました。中止するのは当然と言えます。僅か3日ほどのアート展でしたが、3日とはいえこのような展示を税金でするとは、言語両断だと言えます。

中止は当然!主催者は責任をとるべき

主催者は「実行委員会と作者に迷惑をかけた」とコメントするだけにとどまりました。たしかに全国各地からクレームが殺到したという事で実行委員会が参ってしまったというのは分かります。「ガソリンを持って行く」という強迫があったというのは正しい情報かどうか分かりませんが、公共の福祉に反するようなことはやめるべきです。

表現の不自由展に関するアンケート

中止で企画者と作者が争いに

このアート展中止で企画者側と作者側が争っているようです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。