韓国問題

どうなる日本企業の資産現金化

どうなる日本企業の資産現金化

韓国の最高裁判所が日本企業に自称徴用工らへの賠償を命じた判決から1年が経過しました。当時の日本政府が強制的に朝鮮人を企業で働かせたなどという妄想もいいところですね。それもそのような理由で何も関係のない日本企業の資産を現金化するなど理解できません。とはいえ、対話が成り立たない反日国家の事ですから仕方がないでしょうね。信ぴょう性の極めて低い韓国の様な国に進出した日本企業にも責任はあります。現金化されるというのは、事実上日本企業の取り潰しだと思います。実際に現金化されるのはもう少し先になりそうですが、実際に行われる可能性は大です。韓国で商売できなくなっても、別のところで商売できるよう今のうちから対策を取って欲しいです。

徴用工についてはこちらの本に詳しく載っています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。