時事問題

【追悼】東日本大震災から10年

こんにちは、けいたろうです。

東日本大震災から10年が経過しました。

あの時、現地である東北地方に居なかったので実際にどのような事になっていたのかは、私自身分かりません。

しかし、悲惨な状況は新聞やテレビやインターネットを通して伝えられました。

【追悼】東日本大震災から10年

日本人で平成23年3月11日に発生した「東日本大震災」を知らない人はいないと思います。

ある日突然大地震がやってきて、家屋が倒れたと思ったら、津波が押し寄せてきました。

その上原発事故まで起きました。

本当に不運な事の連続でした。

こんなにも災難が連続する事なんてあるのかなと首をかしげてしまいました。そして、現地の写真や映像を見た瞬間から、何一つ考える暇すら無くなってしまいました。

身の回りの誰が生きているのかも分からない状態だったと思います。

私は現地に居なかったので何も分かりませんが、被災地を見に行ったことがあります。

草木のかれ方が異常でした。明らかな塩害です。おそらく津波が押し寄せた後なんでしょうね。

海岸から2キロ程度離れた所なのに何でこんな事になっているのか?と思ったのが印象的です。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

復興支援にご尽力された方々に 深い感謝の意を捧げます。

あれから10年

あれから10年、被災地や一般国民の事はほったらかしの現状です。

東日本大震災で日本は大きく傷つきました。

それとは対照的に周辺諸国は国力を着け、反日に傾きました。韓国大統領が竹島に不法上陸しました。そして、中国は尖閣諸島に不法侵入を繰り返しています。

にもかかわらず、日本の政治家たちは何もしません。日本の富裕層たちは中韓とズブズブで、金欲しさに反日国家にお金や物を垂れ流しています。

株価は爆上がりしていますが、一般国民の生活は全く向上していません。

被災地復興もまだまだです。

オリンピックや株価の事も大切かもしれませんが、政府も被災地や一般国民の事を少しは考えて欲しいですね。