時事問題

【簡単解説】病原菌が原因で植民地を拡大【銃だけではなかった】

植民地

ヨーロッパ諸国は病原菌によって植民地を拡大していた。

かつて、ヨーロッパ諸国がアフリカやアメリカ大陸そしてアジアを植民地にしていった事は皆さんもご存知と思います。歴史の授業でヨーロッパ諸国は当時最先端の技術(蒸気機関など)を持っていたから、他の大陸の先住民を圧倒出来たと習いました。

しかしそれは少し違ったようです。下記の本に詳しく書かれています。

銃・病原菌・鉄 ―1万3000年にわたる人類史の謎

blankblank

銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎 

blankblank

銃・病原菌・鉄〈下巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎

※アマゾンで商品を購入するならプライム会員です。配送日時指定が追加料金なしで何度でも行えます。

Amazon Prime無料体験blank

ヨーロッパが植民地を拡大できたのは銃だけではない

確かに、ヨーロッパ諸国は銃を持っていたから、当時圧倒的な強さを誇ったのは事実かもしれません。しかし、それだけだったら現地民にも普及してしまいますので、植民地拡大という事にはならないでしょうね。現に日本では戦国大名などが競い合うかのように火縄銃を導入しました。

それでは、なぜこれだけ植民地を拡大できたのかというと、「病原菌」なのです。

植民地拡大は農業からはじまる。

ヨーロッパ大陸は気候的に農業に適していました。それにより食料を確保するのに困らなくなったのです。

それと家畜などを飼うのには最高の環境でした。もちろん、豚や鶏や牛などは沢山の病原菌(現在で言う、豚コレラや鳥インフルエンザなど)を持っています。そのため、当初は家畜の病原菌で亡くなるヨーロッパ人もいたようです。しかし、病原菌に抵抗力のついたヨーロッパ人は生き残っていくわけですよね。こうして、ヨーロッパ人たちは病原菌に抵抗力をつけていったのです。

農業で食に困らなくなったのと病原菌に対して抵抗力を持ったことでヨーロッパの人口は急増しました。

一方でアフリカなどは農業に成功しませんでした。(これも気候などが影響しています。)なので、彼らは病原菌に抵抗を持つことが出来なかったのです。

となると、病原菌に抵抗力のあるヨーロッパ人が他の大陸に病原菌を持ち込むとどうなるでしょうか?現地の人たちは病原菌により死んでしまいますよね。ヨーロッパ人は抵抗力がついているので何ともありません。(もちろん病原菌は体内に付着していることも多いので簡単に持ち込めるわけですね。)

ヨーロッパ諸国が植民地を拡大できた最大の理由は病原菌への抵抗力だった。

今は中国からの病原菌で死者が出ている。

今は、これとは逆の状況になっている訳ですよね。中国からの新型コロナという名の病原菌が欧米に持ち込まれて多数の死者が出ている訳です。人口が中国の10分の1にも満たないヨーロッパの国で中国よりも多い死者数が出るほどです。

まるで、ヨーロッパ諸国が世界各地を侵略した時の様ですね。

【大丈夫?】新型コロナ予防しよう!新型コロナの感染拡大は広がり続けています。対策はこの時期流行するインフルエンザと同様です。手洗いうがいなどを徹底的に行い感染予防しましょう。...

【グローバリズム】 において人・物・お金・病原菌はセットである。

「グローバリズム」と言いますが、「人」・「物」・「お金」が動くならそれに伴い「病原菌」も動くわけです。グローバリズムを考えるのならこの4つは絶対にセットなのです。切り離すことは不可能です。

グローバリズムにおいて「人」・「物」・「お金」・「病原菌」はセットである。この4つを切り離すことは出来ない。

副業するならこれ

※ 副業をするのなら無料で簡単な「A8.net」がおすすめです。

種類も豊富で初心者でもやり易いからです。私自身も月に幾らか稼いでいます。IT素人の私ですらできる副業です。報酬を受け取る際に手数料がかかります。しかし、他のアフェリエイトより報酬が高い為、気になることはありません。

人 気 » A8.netはこちら
 

国境近くのおいしい食材

※ 世界にも例のない大自然と食の宝庫石垣島

本州で石垣島の特産品を扱っているところは少ないです。そこでやえやまファームがおすすめです。扱っている商品も多い上に有機栽培など農家との関係も構築されていて、安心できるからです。

人 気 » やえやまファームはこちら
 

※ 海も陸も逸品だらけの北海道

北海道の食材で「何を買ったら良いか分からない」という人は、下記サイトを一度閲覧してみて下さい。本州では手に入らない貴重な食材が沢山あります。

人 気 » 北海道網走水産はこちら
blank