心の問題

【あなたは大丈夫?】無礼な人たち

無礼な人たち

世の中には無礼な人たちが一定割合存在すると思います。常に自分の利益しか考えずに周りに当たり散らかして、罵声ばかり人に浴びせる人や人の不幸を喜ぶような人がこれに該当しますね。

無礼な人の特徴(一部)
  • 自分の意としていない事が起きるとすぐに怒り出す。
  • 自己中心的な考え方をしていて、他者が迷惑だと思う事でも平気でする。
  • 人の粗さがしばかりをしていて、愚痴ばかりを言っている。

そのような人たちの割合が高い会社は、経営が苦しくなることが多いですね。もしそのような上司の下で働くことになると、散々振り回されて何も良い事がないということもあるのではないでしょうか?

現に日韓の政府間でお互いに「無礼」という言葉が行きかっていますが、一体どちらが「無礼」なんでしょうか?お互いに「無礼」な国と付き合う訳ですから、精神的に負担になっているようですね。

無礼な人については下記の本を読むことをおすすめします。それだけでは無く、逆に礼儀正しさの大切さも教えてくれます。この本を読むと礼儀正しい事がいかに人生を良くしていけるのかという事を理解できます。

Think CIVILITY(シンク シビリティ) 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である

無礼な人への対処

無礼な人とは距離を取る。いう事を真に受けない。

国家間はそう簡単に距離を置くという事は出来ませんが、人間関係ではやった方が良いと思います。それと無礼で横暴な人の言う事を真に受けない事です。愛情をもって指導しているのではなく、あなたの事が気に食わないから言っているだけの事です。まともに相手にする必要はないと思います。必要最低限の仕事をして、その人物が早く転属してくれることを祈るか、転職活動を開始しましょう。

礼儀正しさこそ最強である。

私自身も物凄く影響力のある方の指導を受けたことがあります。全員、礼儀正しい人でした。指示も具体的でこちらの意見に対しても的確なアドバイスをして頂きました。それに組織全体が活性化し、経営の黒字化もしくは黒字幅の増加にもつながっていきました。このように礼儀正しい人が上部にいる組織は発展していくのです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。