時事問題

【何で?】新型コロナショックで富裕層が株を爆買い

株価

【何で?】新型コロナショックで富裕層が株を爆買い

海外メディアの報道によると、富裕層が株を爆買いしている模様です。それも「一生に一度の大バーゲン」とまで言っています。確かに、新型コロナで株が急落するという事は連日報道されていますが、富裕層に慌てる動きはありませんよね。

むしろ、「チャンス」と見ている様な気配すら感じていました。

マスコミ報道のとらえ方次第で貧富の差が開く

新型コロナのショックにより株価が暴落しているとマスコミは派手に報道していますよね。国民の不安を煽って金儲けしている人たちですから仕方がありません。

その一方で、富裕層が全く別の動きをしていたとは驚いた人も多いのではないでしょうか?マスコミの報道を鵜呑みにするかしないかで、貧富の差が開く世の中だと言えそうですね。株を買うだけのお金は無いにしても、ここは富裕層を見習いたいと思います。

富裕層はマスコミの報道を鵜呑みにしない。

マスクで外出
【必見】新型コロナ流行中の今がチャンス新型コロナで経済が悪化していると言われています。しかし、この時期にも上手く稼いでいる人も多くいます。...

【どうなるの?】新型コロナ終息後は今、新型コロナウイルスが猛威を振るっています。しかし、これが何年も続く事になるでしょうか?スペイン風邪などでもそうでしたが、どんな細菌の流行でも終わりの時は来るのです。今の社会は新型コロナの流行が終わると、また普段通りの生活が戻っていきます。そうなった時にどうすればいいのか少し考えてみました。...

偽善者の見破り方 リベラル・メディアの「おかしな議論」を斬る

憲法改正、安倍政治、安全保障、国際関係……その「正義」が日本を亡ぼす!

新進気鋭の政治学者が教える「ニュースの裏の意図」とは

日本メディアの「論調」は、常識からかけ離れている!

アメリカは韓国を助けるのか?

事実は確認していませんが、米韓スワップが電撃的に結ばれた模様です。一見、アメリカが韓国を助けるような制度に見えます。

しかし、通貨スワップは両国の企業が相手国の通貨を獲得するのに有利な制度です。海外展開する場合、相手国に行くと「外国企業」ということになります。そうなると自国内の借り入れよりどうしても金利が高くなってしまう訳です。その不公平を無くすのが通貨スワップです。(参照

なので、アメリカの企業が韓国から資金を獲得するのにも有利だともいえる訳です。

確かに、日韓スワップは第三国アメリカの紙幣「ドル」で行われました。両国の企業が「ドル」を獲得しやすくするのが最大のメリットだったと言えます。とはいえ、すでに、ニューヨーク中央銀行と密にやり取りしている日本にはほとんどメリットはありませんでした。

しかし、米韓スワップは完全な1対1のスワップです。両国にしかもアメリカは厳しいですので自分たちの利益にならないとすると、何らかの圧力をかけると思います。

このような事から

米韓スワップは韓国を助ける制度とは限らない。暫く注視しておく必要がある。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。