差別・人権問題

慰安婦像が愛知のアート展に登場!昭和天皇冒涜作品も

慰安婦像が愛知のアート展に登場!昭和天皇冒涜作品も

愛知県で昨日より開始されたアート展「愛知トリエンナーレ」において慰安婦像が登場した模様です。それも色がついただけで韓国大使館前の物とほとんど同じです。これで、「日本に強制連行された謝罪しろ!賠償しろ!」と誤った歴史認識を植え付けたいのでしょうか?それだけでは無く昭和天皇の肖像画を燃やすような作品まで展示してありました。いくら何でもこれはないだろうと思います。昭和天皇を冒涜する作品まで展示するとは。さらに安倍首相をヒールで踏みつけるなど、ちょっとこれはいきすぎなのではないかと思います。ヘイトスピーチがどうのこうのと言いますが、まさにこれこそが行き過ぎた「ヘイトスピーチ」です。こんなのアート展とは言えないですね。

愛知県知事までこのアート展を美化

なんで、このような物に行政が加担するのか?腹立たしいと思います。民間のアート展ならまだしも、愛知県や豊田市のような公共の組織が関わっているというのが許せないです。

愛知県庁の問い合わせ先はこちら

愛知県庁 県民文化局 文化部 文化芸術課 トリエンナーレ推進室
〒461-8525
愛知県名古屋市東区東桜1丁目13番2号
愛知芸術文化センター6階
TEL:052-971-6111
FAX:052-971-6115
E-mail: triennale@pref.aichi.lg.jp

愛知県のサイトより 
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/bunka/0000018394.html  

愛知トリエンナーレ の
公式Webサイトアドレス:http://aichitriennale.jp/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。