時事問題

【心配】アフターコロナと2次流行

アフターコロナと2次流行/日本はどうなる?

コロナの感染拡大が収束傾向にあり、都道府県をまたぐ移動自粛も無くなりました。これにより、「日常が戻りつつある」という見方をしている人も多いと思います。

もちろん、肺炎などが流行しにくい夏の時期だから、コロナ感染が減少しているという事もあります。そうなると夏が終わった時が問題になりますね。秋から冬にかけて「第二波」が襲い掛かってくるという事も心配されていますね。

ここ数年はコロナ感染を無視できる状況にはならないと思います。十分に感染対策を取りましょうね。

ただ、この時期は熱中症にも注意してください。マスクなどをしているとどうしても呼吸がし難くなります。適宜外しましょう。

【どうなるの?】新型コロナ収束後は今、新型コロナウイルスが猛威を振るっています。しかし、これが何年も続く事になるでしょうか?スペイン風邪などでもそうでしたが、どんな細菌の流行でも終わりの時は来るのです。今の社会は新型コロナの流行が終わると、また普段通りの生活が戻っていきます。そうなった時にどうすればいいのか少し考えてみました。...

益々複雑化する外交・人種問題

コロナの問題が収束していない中でも外交や人種の問題がさらに複雑化しています。アメリカでは黒人と白人の問題がクローズアップされています。激しいデモの行われていますね。

日韓関係悪化変わらず!

それに加えて日韓の対立はさらに激化しています。慰安婦内紛の中でも日本への非難体制に変わりがありません。それだけではなく、輸出規制の変更にも相変わらず噛みついてきています。「南北悪化」ともいわれていますが、反日はそれ以上に加速しているように思えます。

ただでさえ、日本に対してかなり強い不満を持っている韓国です。「コロナ不安」でさらにそれが強くなったようですね。

このように「社会不安」が増大すると、普段思っていることが表面に出やすくなるのは万国共通です。

コロナ収束後は(アフターコロナでは)韓国と自然な断交ができる様に最大限の努力をしていきたいですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。